運命の出会いの見極め方

よく恋に落ちるパターンとして、運命の出会いがあったという言葉を聞きます。では、運命の出会いとは、どのような出会いなのでしょうか。 出会いという言葉を、あった事のない人と会うと解釈するなら、人は毎日多くの人と出会っています。朝の通勤や通学の途中でも、今まであった事のない人とすれ違っているはずです。しかし、何かの拍子に目があったり、話す要件ができたり、肩がぶつかったりと接点をもつきっかけが出来ると、それは特別な出会いとして位置づけられます。ただすれ違う人から、ワンランク上の、見たことがある人に変わるのです。同じ人と、このような特別な出会いが繰り返されたら、それは運命の出会いとして、最上級の出会いに発展するのです。 運命の出会いが直接、素敵な恋人に結びつくわけではありません。好みのタイプだったり、気になる存在だったりと、相手の事をもっと知りたいという気持ちがないと、また、ただのすれ違う人に戻ってしまいます。 また、何度か肩がぶつかったからと言って、連絡先を交換するほど、現代社会は緩くありません。こちらが気になる相手の場合は、積極的にアクションを起こすべきです。その後、連絡をとるようになり、交際に発展した時に、「私たちはあの時運命の出会いでしりあったね」という形になるのです。

LINK集